スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"Never, Neverland" ANNIHILATOR

MEGADETHに匹敵する精密で複雑なリフでありながらオールドスクール・メタル臭がたっぷり。
最高です。
やっぱANNIHILATORは凄いし、ジェフ・ウォータースは神ギタリストです。



光りすぎ。

今のVoはかなり良いですよね。
かなり地味ではありますが、アーロン・ランドールの曲を違和感なく歌えてるし、ギターもANNIHILATORの曲をキッチり弾けるだけで実力十分でしょう。


繰り返しますがジェフ・ウォータースは凄い。
もっと評価されて然るべきテクニシャンだし、ステージングもアグレッシブ。
本来ならデイヴ・ムステインなみに評価されていいはずだ!!

テクニカルなスラッシュアルバムですが、スラッシュファンのみならず、
全てのメタルファンに聞いてもらいたい名盤です。

ネヴァー・ネヴァーランドネヴァー・ネヴァーランド
(2002/11/20)
アナイアレイター

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/31 10:51 ] A | TB(0) | CM(2)

「Making Time」 WITHOUT WARNING

プログレメタル?プログレハード??
よくわからんが、素晴らしいアルバムです。
DREAM THEATERの「IMAGES AND WORDS」に衝撃を受け、「もっとプログレメタルを!!」と思っているときに出会い、かなり聞き込んだ思い出深い一枚。
DREAM THEATERほどテクニカルではないが、ハスキーなVoの泣きのメロディがたまりません。

Making TimeMaking Time
()
Without Warning

商品詳細を見る






プログレと言えるほどの複雑さはないかもしれないが、あくまでもメロディ重視のアレンジが素晴らしい。
テクニカルさを求めると肩透かしを食らいますが、メロディの素晴らしさではDREAM THEATER以上の一枚だと思われます。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/30 19:18 ] W | TB(0) | CM(2)

Christian Olde Wolbers

元FEAR FACTORYのベーシスト~ギタリスト。
正直言ってギタリストとしては地味だったが、ベーシストとしては最高。
バカテクではないし、印象的なベースラインを奏でるわけでもないんですが、
ステージングが最高にカッコいい。
ダイナミックなアクションの一つ一つが最高。
やっぱり彼がベーシストだった時のFEAR FACTORYが最強でした。





ステージを横切る姿まで素晴らしい。
個人的にジェイソン・ニューステッドの次に影響を受けたベーシストなので、是非とももう一度ベースをプレイして頂きたい。

彼のプレイを堪能できるのがこちらのDVD。
FEAR FACTORYとしても素晴らし過ぎます。

デジタル・コネクティヴィティ(ROADRAGE2008) [DVD]デジタル・コネクティヴィティ(ROADRAGE2008) [DVD]
(2008/07/16)
フィア・ファクトリー

商品詳細を見る



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/27 19:20 ] C | TB(0) | CM(0)

"Ruby Soho" RANCID

早い曲もいいけど、このぐらいのテンポもRANCIDの魅力ですね。



「一緒に歌える」のはライブにおいて凄く魅力的ですね。
PCの前でも一緒に歌いたくなってしまいます。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/24 08:40 ] R | TB(0) | CM(0)

"Burnig of Sodom" DARK ANGEL

「9曲で67分。246のリフ!」のキャッチコピーでごく一部で有名になったアメリカのスラッシュ・メタルバンド。
今となっては、「ジーン・ホグランが在籍したバンド」といったほうがわかりやすくなってしまった。。。
そんなダーク・エンジェルのおススメ疾走曲。
(上記キャッチコピーのアルバムには収録されていません。)



この疾走感、たまりません。
デス、ブラック、ブラインドコア、どれとも違うこの疾走感。
実際のテンポよりも早く感じる体感速度は、大人げなく元気いっぱいのステージの影響と思われます。
やっぱスラッシュはいいよなぁ~。

こちらはスタジオ盤です。






ちなみに「9曲で67分。246のリフ!」で(ごく一部で)有名になったのはこのアルバム。

Time Does Not HealTime Does Not Heal
(1991/07/01)
Dark Angel

商品詳細を見る


「9曲で67分。246のリフ?!なんてすげぇーんだ!!」
と、喜び勇んで買ったんですけどねぇ。。。
好きな人にはたまらないアルバムだとは思うんですけど、ぼくの好みではなかった。。。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/22 19:08 ] D | TB(0) | CM(0)

"BASS SOLO / Mr. Pink" Level 42

"英国出身のフュージョン・ポップ・ファンクバンド。シャカタクと並んで、英国を代表するファンク・フュージョン・バンドである"らしい。
ぶっちゃけ良く知らないバンドです。スミマセン。
では何故エントリーしたかと言いますと、私の大好きなベースソロがあるから。
バンドは知らなくてもBa(&Vo)のマーク・キングをご存知の方はいるのでは?
スラップ好きには超お勧めです(スラップ好きなら既に知ってるか。。。)。



潔いほどの連打が爽快ですね。
ただ叩きまくっているのではなく、連打しまくるソロの中でメロディを作ってしまうのが更に爽快。
ファンキーなカッティングのような、ミュートとプルのコンビネーションが最高。
ちなみにこのスピードの秘訣は左手のアタックみたいですが、それを差し引いても速いし気持ち良いですね。
スラップだけでなくツーフィンガーのノリも良い感じ。ゴーストノートのタイミングが絶妙っす。

これだけ個性的なプレイとサウンドを持つ方なので、もう少し今以上に評価されて欲しかったりします。
それにしても、スラップとツーフィンガーの音に差があまりないような気が。。。

で、この「カッチカチやぞコラァ」と言わんばかりのサウンド。
これって、彼の愛用する「STATUS」の影響もあるのかなと思ったりします。

king.jpeg

STATUSと言えばグラファイト。グラファイトと言えばSTATUS。
と、勝手に思っております。
グラファイトの楽器を所持したことがあるわけではないのですが、なんか個性的な音が出そうな気が。。。
日本のベーシスト、うしろから前川氏は「高音の抜けが良い」と言っていましたが、なんか見た目にもそんな感じがしますw

忘れちゃいけないのがLEDで光り輝くポジションマーカー!!!
5.jpg

リンプ・ビズキットのベーシストなんかもつかってましたが、これってどうなんでしょ。
見やすいんですかねぇ。
あまりステージで証明が当たらないベーシストなので(涙)、手のポジションを確認しようとしたら「お?!暗くてよく見えんぞ!!こんなことなら眼鏡かけてきたらよかったぁぁぁ!!!でもそれじゃ首振ったとたんに眼鏡が飛んでいくしぃぃぃ!!!」なんてことがあったんですが、このLEDがあればそんなこともないんでしょうか???
でもこれって、ネックの中(指板との間??)に仕込むだろうから、音に影響は出ないの??なんかトラストロッド以外の異物には若干の抵抗が。。。
ま、高価なベースなんで買うわけじゃないんですけどね。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/20 18:00 ] L | TB(0) | CM(0)

"Dreamin'" BOφWY

MEGADETH聞いてもSLAYER聞いてもANTHRAX聞いてもいまいち元気が出ない。
MORBID ANGEL聞いてもCANNIBAL CORPSE聞いてもなんだかスッキリしない。
GBH聞いてもGAUZE聞いてもテンション上がらないとき。
行きつくところはBOφWYなんです。
布袋のギターに酔いしれて氷室と一緒に歌う。。。至福のひと時です。



二十歳の頃、「もうBOφWYは卒業した」と言っていた奴がいました。
音楽聴くことに対して「卒業」なんてこと自体が全く意味不明だけど、
彼は今でも卒業したままなのかな。
この曲を聞いて幸せな気持ちになることはないのかな。

カラオケで歌詞を見る必要がない!
ギターソロの一音一音全て覚えてる!!
そんなおっさん共と大合唱。
幸せなことだと思います。


いつまでも氷室にこの曲を贈ってもらえるよう、

夢見るオヤジ → 夢見るジジイ → 夢見る屍

こうなるように頑張ります。






<私的主張>
MCで「愛してるぜ!!」って言って良いのは氷室だけ。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/19 18:00 ] B | TB(0) | CM(0)

"Mindbreaker" the 原爆オナニーズ

日本最古参パンクバンドの一つ"原オナ"です。
バンド名を聴いて顔をしかめても仕方ないバンド名。でも、聴かなきゃ損。最高のバンド。
そしてこの曲は私の一番のお気に入りです。



出来ればこの曲はスタジオ盤も聴いてもらいたい。
イントロのギターフレーズだけでアドレナリン大爆発すること間違いなしです。

このバンド、最古参であると同時に、「最も生活の安定したパンクバンド」でもあります。
どのぐらい安定しているとというと、前Gtが脱退した理由が「海外転勤」
だったりするほど皆さんしっかりした生活をしてらっしゃいます。
ベテランらしくDrがレギュラーグリップなのも興味深い。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/17 18:00 ] G | TB(0) | CM(0)

"パッシュ" THE MINKS

懐かしいなぁ。懐かしいったら懐かしい。
この曲を聴けるなんて、本当に文明の進化に感謝せにゃあならん。



TシャツがINしてます。時代を感じずにはいられません。

この曲はドラマの主題歌だったんだね。
よく考えてみれば「主題歌になったのをきっかけにしてビッグなバンドに!!」といったタイプのバンドでもないような気もする。
主題歌選ぶ人はそんなことまで考えないだろうけどねw
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/16 18:00 ] M | TB(0) | CM(0)

"Headless Cross" Tony Martin

トニー・マーティンによるトニーマーティン在籍時BLACK SABBATHの名曲のカバーです。
見た目の変化(頭髪の思い切り良さ)に驚きましたが、クネクネダンスは健在です。



無理のない歌い方がSABBATH在籍時よりも良いですね。
かなり前にトニー・マーティン在籍時のサバスについてエントリーしましたが、やっぱ良い声してますよ。
名曲揃いの(サバスファン的には微妙かもしれませんが)トニー・マーティン時代の曲をオジーやディオが歌うことはあり得ないので、是非とも彼には歌い続けて欲しいです。
ほんと、もう少しライブでアルバムを再現できれば文句無しのシンガーなんですけどね。



それにしてもドラムの音が????過ぎるんですけど。
安物の打ち込みみたいで。。。
それと左側のギタリスト。物凄く俺好みじゃないんです。
ソロとかが物凄く嫌。。。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/15 19:33 ] T | TB(0) | CM(2)

NOVAX 8-String Charlie Hunter モデル

8弦ギターと聞いて何を思い浮かべますか?
メタル好きの方だったらやっぱりこんなのを思い浮かべますか??



ご存知ディーノ・カザレスのゴリゴリ低音リフです。
やっぱり通常のE弦+B弦+F#弦なんでしょうか。
スティーヴ・ヴァイの7弦に驚いていたのがウソみたいに7弦が溢れている昨今ですが、8弦はまだ新鮮ですね。
やはり8弦はかなりヘヴィです。ただ、7弦に対しても思うことなんですが、これを続けて聞いているとこれが普通になってしまうような。。。

で、今回ご紹介するのがこちらのNOVAXのチャーリー・ハンターモデルです。

Novaxguitars_8string.jpg

低音側からベース用のE-A-D続いてギター用のA-D-G-B-E合計8弦のようです。
動画にもあるようにベースとギターのバッキング&ソロを同時にプレイするための構成です。



スティックや多弦ベースでベースとメロディを同時にプレイする人はいますが、それらとは一線を画すプレイですね。
凄まじいです。凄まじいプレイではありますが、まあ、はっきり言ってこれを使ってこんなプレイしようと思う人はあまりいないと思うのですw興味深い楽器ではありますが。
個人的にはコードをプレイするときに弦が増えるメリットが大きいと思ってますので、こんな感じの8弦が理想だったりします。




ちなみにNOVAXの他の楽器はあまり奇をてらった感じもないよさげなラインナップでした。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/14 19:11 ] INSTRUMENTS | TB(0) | CM(0)

"MIRACLE MAN" Ozzy Osbourne

ザックのあいさつ代わりの一撃。
オジーの5thアルバム「No Rest for the Wicked」の1曲目で、ギターキッズに新たなヒーローが降臨した曲です。
メインリフとソロの最初の部分はギターキッズにとってアンセム中のアンセムでした。
私はこの曲を知る前から"ヤ●グギター"をみて練習しましたからw
(だって、「No More Tears」までオジー聴いてなかったんだもん。。。)



ランディ・カスティロ、やっぱ良いドラマーです。。。

ザックに関してですが、個人的には今のザックよりも良いです。
今の若い人のザック像は、「アル中、汚い、ムキムキ、超どヘヴィなリフ」といったところだと思いますが、15年ぐらい前までは全く違ったんですよ。。。
がに股でブロンドをなびかせながらステージを駆け抜ける。まさにギターヒーローでした。リフもヘヴィだけどキレが良くて。。。爽やかなイケメンギターヒーローだったんだよ~!今みたいな風呂に入ってなさそうなアル中親父じゃなかったんだよぉぉぉ~~~!!!



ね?かっこいいでしょ??
(BGMのミスター・ティンカートレインも名曲すぎてたまりません)

ザック~、髯剃ってくれぇ~~!!
風呂入って清潔にしてくれぇ~~!!


ザックについては色々と言いたいことはありますが今日はこの辺で。



で、今回の映像を見て一番感じたことは。。。


ギーザー若い!元気!!最高!!!
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/13 18:00 ] O | TB(0) | CM(2)

"I Against I" BAD BRAINS

アメリカン・ハードコアのオリジネイターの一つであるBAD BRAINS。
彼らの3rdアルバムのタイトルトラック。
だいぶ前にエントリーしたんですがリンクが切れてたのでライブ版をエントリーします。
曲の素晴らしさとVoのH.Rのテンションの相乗効果がかなりヤバいです。



元ジャズ、フュージョン畑の人達だけあって演奏は堅実。そのあたりがただのハードコアバンドとは一線を画すところか。
そして、人種的なことは言いたくないのですが、やはり他のバンドにない個性が彼らの武器であり、偉大なところかと思う。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/11 18:00 ] B | TB(0) | CM(0)

CARL THOMPSON BASSES

レス・クレイプールと言えば忘れてならないのはカール・トンプソン・ベース。
日本のテレビ番組で紹介されていたみたいですね。
マスタービルダーであるカール・トンプソン氏のコメントは興味深いものばかりでした。



ベースを持った時のバランスは大事ですよねぇ。
バランスが悪いと、長時間弾いていた時の体の負担も大きくなるし。
バランス悪いとボディの鳴りも悪いような気がする、のは俺の勝手な思い込みだとおもうw

個性の強いメーカーだとは思いますが、カール・トンプソンのベース(6弦フレットレス)は死ぬまでに一度でいいから手にしたいベースです。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/10 18:00 ] INSTRUMENTS | TB(0) | CM(0)

Bass Solo by Les Claypool

人に歴史あり。
レス・クレイプールが若かりし頃のソロです。
今じゃあ絶対にしないようなプレイが満載。
「スゲー!!」とは思うけど、あまり長く聞いていたいソロではないかも。。。



このバンドで一緒になったラリー・ラロンデとPRIMUSを結成したんですが、ラリーって元POSSESSEDなんですよね。
なんかこちらも"人に歴史あり"って感じですね。

そしてこちらが円熟味を増してからのソロ。
手数は圧倒的に減ってるけど、音楽的でベースの魅力をたっぷり引き出してます。
早弾きも高速スラップもタッピング出来るけど、必要なテクニックを必要な時に、あくまでも魅力的なフレーズのために使う。
しっかりとした技術と知識があるからこそできる素晴らしいプレイ。憧れます。




にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/09 18:00 ] L | TB(0) | CM(0)

"No More Tears" Ozzy Osbourne

もう20年近く前になるんですね。
オジーもまだまだ元気です。
そして、幻のライブツアー引退宣言が脳裏を駆け巡る。。。



あまりオジーが好きでなかった僕が、このPVをみて完全にKOされました。
オジーの声にまったりと絡み付くザックのヘヴィリフがたまりません。
ズンズン響くリフとスライドのコントラストが素晴らしい。
そしてこの曲のMVPはマイク・アイネズでしょう。
あのベースラインがなかったらこの曲の魅力は40%減と思われます。

収録されているのは名盤であるこちら。

ノー・モア・ティアーズノー・モア・ティアーズ
(2002/06/19)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る


引退宣言&このアルバムタイトル。

多くの人が
 「引退を撤回してくれ!!」
 「オジーのライブを見たいんだ!!」と祈り続けました。


そしたら撤回してくれました。

けっこうあっさりと。


再びオジーの雄姿を見れるのはうれしいが、微妙に複雑な気分でした。。。
"オジー命"の先輩の複雑な表情が忘れられませんw

それはさておき、名曲揃いの素晴らしいアルバムです。
オジーのソロキャリアで売上はトップなのもうなずけます。
他の曲についてもボチボチとエントリーしようかと思っている今日この頃です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/08 06:29 ] O | TB(0) | CM(2)

"7 COLORS (Over The Rainbow)" PERSONZ

最近、PERSONZ熱が再燃してきてしまった。
そんなわけで、これまた名曲の"7 Colors"で本田毅が戻ってきてからの演奏です。
落ち着いたステージですが、JILLの歌が最高です。



20年前の演奏と比べるとJILLの進化がわかると思います。



シンガーにとっての楽器である喉は生ものなので、年々高音が出にくい、声の張りが。。。
これは仕方がないことだとは思います。
JILLも当時の声は出せなくなっていますが、その代わりに歌うテクニック(フェイクではない)を身につけ益々魅力的なシンガーになっています。ステージでの立ち振る舞い等、日本でも有数のシンガーだと思われる。
20年前に熱狂した歌が、JILLの声によって大人な雰囲気に生まれ変わったような。。。やっぱりPERSONZは最高ですね。

何年たっても現在進行形でカッコいいバンドPERSONZ。
しばらくはPERSONZの曲に関するエントリーが増えそうです。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/06 18:00 ] P | TB(0) | CM(0)

"マラダイス" ヌンチャク

日本が誇るツイン・ヴォーカル・ハードコア金字塔。
強烈な個性を振り撒くだけ振り撒いて去って行ったヌンチャクの代表曲。



地元愛以外はさっぱり訳がわからない歌詞、はっきり言って悪ふざけとしか思えない歌詞も多い。
さらに解散の理由はメンバーの就職。でもそのメンバーはバイト生活。。。
古くからのハードコアファンの方たちにからすると、「なめてんのか?!」となるかもしれませんが、多くの若者をハードコアの入り口に立たせてくれた功績は多いと思います。
実際、こんなにかっこいいバンドもう現れないんじゃない?!と言いたくなるほどカッコイイです。
もう少し爽やかだったらHI-STANDARDぐらい売れ。。。る訳はないかw

収録されているのはこのアルバム。
超お勧めの強烈なアルバムです。

ヌンチャクラヌンチャクラ
(1996/09/21)
ヌンチャク

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/05 19:00 ] N | TB(0) | CM(0)

"Battery" METALLICA

新年明けましておめでとうございます。

正月休みで飲み過ぎ食べ過ぎた体を、メタルで引き締めて頑張っていきませう。



本年もよろしくお願い致します。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/04 18:00 ] M | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。