スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ritter Bass

DREAM THEATERのジョン・マイアングなんかが使ったら似合いそうなベース、リッター・ベースをちょこっと紹介。

比較的新しいメーカーですが、かなり個性的、尚且つ考え抜かれたベースのようで、なかなかに興味深いベースです。

こちらはリッターとしてはオーソドックスなモデル。
r2

少しペデュラぽいけど、なかなかに個性的で良い音鳴りそうです。

こちらは高級感漂う7弦モデル。
やたらめったら打ち込んであるジョイントのボルトは試行錯誤の結果らしい。
この辺りが他のメーカーにはないこだわりで面白い。
r3

立って弾いたときのバランスが何気に良さそうな気がする。

さて、ちらはリッター・ベースの本領発揮wのフレットレス・モデル。
rr4

弦はボディの裏通しだけど、なんか大変なことになってるw
rrrrrr

ディープで独特の音がしそうだけど、これはちょっとやり過ぎではw
ブリッジとテールピースの間がコレだけ広いから、ピッキングしたら面白い音がプレイが出来そうだけどねw
コントロールが全然ないけど、裏のカバーを開けたら付いてる?それともアンソニー・ジャクソンモデルみたいにヴォリュームすら無し?!かと思いきや、良く見ると。。。
rrr

ありましたw
ここまでされたら脱帽するしかないね。
本当に発想が凄すぎる。

さて、最後にフレットレスモデルをもう1つ
さすがにこのジョイント部分はウケを狙ってるでしょw
r1

このブリッジ、ベース・マガジンで見た、赤外線かなんかを使ったピックアップを搭載したモデルに見えるような気がする。。。




スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/17 17:56 ] INSTRUMENTS | TB(0) | CM(0)

GAUZE LIVE

日本のハードコアバンドGAUZEのライブ。
メタル的な部分は皆無w
駄目な人には全く駄目だと思うが、はまると気持ちいいですよ。。。



メロコアを全く好きになれなかった頃、なぜかこのGAUZEやOUTO等のハードコアにはまってしまった。
俺の音楽の好みが一般とはかけ離れ過ぎてる?
と、悩んだりもしたが、聞いて楽しかったらそれでOKってことで。


OUTO


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/15 09:59 ] G | TB(0) | CM(0)

「THE FINAL DAY」 OUTRAGE

橋本直樹が復活!!らしいので、記念にひとつ。
このアルバムをスラッシュとは言いにくいが、Voが歌いまくるスラッシュ、特にジョーイ・ベラドナ在席時のANTHRAXを好む人には超オススメ。

ザ・ファイナル・デイザ・ファイナル・デイ
(2007/06/06)
アウトレイジ

商品詳細を見る


プロデュースが元ACCEPTのステファン・カウフマンで、彼が他のバンドでもこういった音作りをしているのか、このアルバムだけなのかは知らないが、ギターがかなり固めの音で生々しい。
個人的には「GIBSON系のマホガニーっぽい音」に感じてます。

全曲極上のリフとさらに極上の歌が詰まってて最高。
さらにギターソロもメロディアスで気持ちいいんだ。

"My Final Day"

イントロから曲が疾走し始めた瞬間が。。。PCの前で首振ってしまうw

これ、本物?!?!?!

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/10 12:14 ] O | TB(0) | CM(0)

"Mellow" 中山美穂

ラジオから流れてくるのを聞いて腰が抜けそうになったんですが、この曲は有名なの?
俺が知らなかっただけ???
作詞が中山美穂で、作曲と編曲は日本人みたいだし。。。
もしかして、CDには「この曲のリフを拝借してます」みたいに書いてあるのかな?
「総売り上げは4300万枚を超え、マイケル・ジャクソンの『スリラー』に次いで世界で二番目に売れたアルバムとされている」、そんなアルバムのタイトルトラック、世界的に有名すぎるほど有名な曲の超名リフ、コードストロークの間のあのフレーズ。。。
単に俺の思い過ごしだとは思うんですよ。

とりあえず、1992年発表のようです。




個人的には、パクリに関しては誰が誰の曲をパクろうが興味ないし、そんな話を聞いても元の曲を知らないことばかりで全く無関心だったけど、今回は本気で驚いた、ってか爆笑した。

偶然だと思います。

そうじゃなきゃCDに注釈とか必ず書いていると思います。


まあ、ぶっちゃけどうでもいいけどね、なかなか大胆なアレンジだと思えば面白いからw

こちらは1980年発表。動画は最近のものかな?

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/08 18:14 ] N | TB(0) | CM(0)

"Run to the hills" IRON MAIDEN

某イング☆ェイ・デブムステ○ーン氏曰く、
「俺は皆と友達だよ。敵はいない。友達だけだ。
 唯一嫌いなのはブルース・ディッキンソンだ。
 あいつは大嫌いだ。
 あいつはAssholeだからだ。
 あいつはとんでもない野郎だ。
 生まれてから会った人間のなかでも一番非礼なやつだ。
 すごく失礼だ。本当に失礼だよ。
 あいつは大嫌いだ。それに、そんなに上手くもない。とんでもない奴だ。
 俺が『先祖が貴族なんだ』と言ったら、
 奴は『それがどうした?』だって。
 あいつは最低だ!
そんなブルースの素晴らしさを堪能できる名曲。
正直言ってメイデンはたいして好きではないが、この曲だけは何回聞いても感動する。



ドラムが本当に良い。
このドラムが無ければこの曲はここまでの名曲にはならなかったでしょう。

昔のメイデンのことは良く知らないが、ブルースのメタル然とした衣装、正直違和感ありますw
ブルースが髪を切ったとき、「最初からこれだったら」と思ったしw

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/07 19:29 ] I | TB(0) | CM(0)

"Speed" Atari Teenage Riot

「なんでそんなに怒ってるの?」と聞きたくなるほど怒りに満ちたサウンドの彼ら。
そんな彼らの曲の中でもかなり聴きやすく、ギターリフが冴えまくっている曲。
踊りながら首を振れますねw



デジタルハードコアバンドのなかでも、彼らのギターリフはかなりメタルしていてオススメ。
デジタルメタルといってもいいような曲も多い。
この曲でもイントロなんかメタルバンドでも通用しそう。
人力でこの曲を弾いたら手がつりそうだけどねw

この曲が収録されているのはこちら。
Delete YourselfDelete Yourself
(1998/06/30)
Atari Teenage Riot

商品詳細を見る

熊本に出張した際下通りにあった店なんとなく寄ったら見つけたんこのCD。
懐かしいなぁ。久しぶりに下通りに飲みに行きたくなってきたw出張は嫌だけどw

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/06 21:28 ] A | TB(0) | CM(0)

「RUST IN PEACE」 MEGADETH

問答無用の名盤中の名盤。
これを聞かずしてスラッシュメタルを、そしてへヴィメタルを語ることなかれ!!
とは言い過ぎかもしれんがw歴史的名盤であることは間違いないでしょう。

Rust in PeaceRust in Peace
(1991/08/05)
Megadeth

商品詳細を見る


発表は1990年。
この年にはANTHRAXの「PERSISTENCE OF TIME」、SlAYERの「SEASONS IN THE ABYSS」が発表されているし、91年にはMEATTALICAの「METALLICA」が。
この後のアメリカ音楽界の流れを考えると、「スラッシュ四天王」がそれぞれインパクトの強いアルバムを出したこの2年間がスラッシュメタルのピークであり、アルバムの内容的にも80年代からのスラッシュの終わりを告げているように思う。

さて、このアルバム(初回版)の収録曲はこの9曲(再発版は持ってないんですw)

1. Holy Wars...The Punishment Due
2. Hangar 18
3. Take No Prisoners
4. Five Magics
5. Poison Was The Cure
6. Lucretia
7. Tornado Of Souls
8. Dawn Patrol
9. Rust In Peace...Polaris

曲の内容も、曲順も完璧。7の"Dawn Patrol"もアルバムを通して聞くと最高のアクセントになるし、まさに捨て曲無し。
最近のバンドに比べて低音は強調されていないけど、充分すぎるほどのヘヴィネス。
完璧という以外にありません。

なんか異常に褒めてばかりだけど、それほどこのアルバムが好きなんです。
「無人島に1枚だけ持っていける」と言われたらこのアルバム持っていきそうなほど好きです。ほぼ全曲に強い思い入れがあるんで、曲に関しては少しずつ書いていこうと思うので、それ以外のことを。

当時のデイヴ・ムステインは↓こんな感じだったんですが。。。
v2

必殺の"伸びるピチピチジーパン"にガンベルト、いつも機嫌悪そうな近づきがたいオーラを発しながら"MEGADETH"のロゴ入りJACKSON KING-Vをかき鳴らすその姿に心底憧れました(上の写真はピースマークのシールが貼ってあって、ちょっとなぁって感じですがw)

最近はDEANのギターを使ってるみたいだけど、やっぱりデイヴはJACKSONのKING-Vが一番良く似合う(もしくはB.C,RichのBITCH)。
このギターの興味深いところは、ケーラーのブリッジを使っているところ。
jav.jpg

見たところアーム無しのモデルのようだが、ケーラーのブリッジ自体はSLAYERの二人や、JUDAS PRIESTの二人も使っていて特になんとも思わないが、アームを使わないでこのブリッジを使う人は珍しかった。
そんなところにも憧れていて、ベースに転向していなかったら、デイヴモデルのギターを買っていたかもしれん。
面白いのは、当時は相方であるマーティーさんもJACKSON(こちらはKERRY)を使っていて、同じくケーラーのアーム無しブリッジ。その他の機材もかなりデイブに近かった(写真で見る限りほとんど同じ)。
その状況でお互いにキッチリとサウンドで個性を出しているところが凄い。

なんだかしまりのない文章になってしまったが、とりあえずこのアルバムは何が何でもオススメです。
爽快なスピードで駆け抜けていくアルバムだが、聞けば聞くほど各メンバーの個性が出てくる名作ですよ。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/05 21:24 ] M | TB(0) | CM(0)

"Spin the Black Circle" PEARL JAM

PAERL JAMがあまり好きでない人でも気にいる可能性大の曲。
パンキッシュでストレートなロックンロールだけど、ヴォーカルラインや、ストレートな中にちらりとみえるブルージーで知的なフレーズが気持ち良い。




イントロが全部入ってなかったので、全部入ってる動画を。
映像は。。。なんじゃこれw



この曲をしったきっかけは、「なんかこのバンド人気あるみたいだから聞いて見るか」と、買ったこのアルバム。

VitalogyVitalogy
(1994/12/08)
Pearl Jam

商品詳細を見る


で、"Spin the Black Circle"以外の曲は。。。。ノーコメントw
よくある事ですなw

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/04 19:59 ] P | TB(0) | CM(0)

「Seen Between the Lines」 TESTAMENT

俺の記憶が正しければ、これがTESTAMENTにとって最初のビデオ。

既に17年前の映像なので、メンバー皆が若い。
見た目も行動も全て若いw
ライブ、PV、オフショットも含めて盛りだくさん。DVDも再発されていうみたいなのでTESTAMENT好きは是非とも見てもらいたい。

Seen Between the LinesSeen Between the Lines
(1991/06/25)
Testament

商品詳細を見る


音のほうだが、スラッシュ第2世代と言われていた当時のものなので、とにかく勢いがある。
特にライブでの映像は録音状態はいまいちだけど、迫力満点。
アレックス・スコルニックも気合の入ったソロ聞かせてくれます。特にスウィープがアレックスらしくて最高。
1曲目の"Eerie Inhabitants"からエンジン全開。
さらに"Sins of Omission"ではエリックのソロも聞ける!!
PVも当時出してたPVは全て収録されてて文句無し。

それ以外でこのビデオでのオススメを列挙してみると、

・ルイと移動バスの中でセッションするエリック。そのときのシャウトが後のDRAGONLORDを髣髴とさせる。
・アレックスの「Walk this way」のリフを少しだけ聞ける(1小節ほどだけ。。。)
・ファンの女の子がさぁ、なぜか俺がタトゥーを彫るのが上手いと勘違いしたみたいで「彫ってくれ」って言うんだよ。だから酔っ払った勢いで無茶苦茶な薔薇のタトゥー彫っちゃったよw と、笑うチャック
・サウンドチェックの時、耳栓をしているところを撮られたアレックスのお茶目なリアクション
・来日したときの典型的な外国人ミュージシャンなメンバーたち。
 さらに調子に乗ってしゃぶしゃぶと酒とビールをほおばってむせるエリック

ん~、なんかこれだけだとまともなビデオには思えないなw
でもこれはあくまでおまけであって、若手スラッシュと呼ばれた頃のTESTAMENTの音楽を楽しむには文句無しのビデオです。

あえて文句をいうなら「何故"Into the Pit"の映像がない!!!!」ぐらいですね。

そんなわけで"Into the Pit"を。
最近の映像だけど、ルイ・クイレメンテ以外はオリジナルメンバーです。
アレックスのIbanezのギター、これって、一昔前のフランク・ギャンバレ モデルで、ビデオが発売された頃にアレックスが愛用してたやつだったよねぇ~



これを書いてて気が付いたが、発売と同時に買ったから俺のは既に17年立ってるのか。
DVDに落としたりしておかないと、劣化してしまうかなぁ。。。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/02 12:46 ] T | TB(0) | CM(0)

"Aim High" DRAGON ASH

ヘヴィ級のリフに一撃でやられた。
と言っても何年も前の話だがwたまに聞きたくなる曲なんですよ。
メタル側から他のジャンルに接近したものより、他のジャンルがロック、メタルの要素を吸収した曲に興味がわいてきた今日この頃。

多分、公式のPVでは無いと思うが、ライブだと少々音が軽かったのでまずはこちらを。



こちらがライブ映像。
いいねぇいいねぇ。飛べるねぇ。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/02/01 10:03 ] D | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。