スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"Wind of Change" SCORPIONS

せっかくなのでSCORPIONSをもう1曲。
当時の時代背景なんかの影響も少なからずあったと思うが、全米TOP10にもなった曲なので、聞いたことがある人も多いと思われる。
クラウスの音程が微妙に気になるところもあるが、良い曲です。



ルドルフが良い!!
特にTシャツが。
俺のなかのルドルフのイメージはこんな感じなんだよな。

で、この曲が収録されているのはこのアルバム。

Crazy WorldCrazy World
(1990/10/19)
Scorpions

商品詳細を見る
スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/30 20:20 ] S | TB(0) | CM(0)

"Alien Nation" SCORPIONS

スコーピオンズのなかでも1,2を争うヘヴィな曲(らしい)。
初めて聞いたときは、物凄く良い曲なんだけど、スコーピオンズほどのベテランバンドまでPANTERA化したのか。。。
なんて思ったりしたが、ちゃんと聞けばヘヴィではあるがメロディやギターリフのセンス等、まったくPANTERA化なんかして無いなと。



この曲のベストパフォーマンスはBaだね。
途中で出てくる歪み等、全体的に音色が素晴らしい。
さらにサビのバックに出てくるオブリが秀逸。

この曲が収録されているのはこのアルバム。
個人的にはスコーピオンズに関してはほとんど知識がありませんw

Face the HeatFace the Heat
(1993/09/16)
Scorpions

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/30 15:54 ] S | TB(0) | CM(2)

「・・・TO INFINITY」

廃盤になったと思ってたけど、廃盤になってなかった?そんなSWITCH STYLEの2nd(ミニアルバム)。
たしかこれが4人で出した最後の音源になるはず。
とりあえず、このミニアルバムに関しては、スピードを抑えたダークでメタリックなサウンドの上で、絶妙なコンビネーションのツインVo(B,VoとG,Vo)のシャウトが聞けます。

・・・TO INFINITY・・・TO INFINITY
(1997/06/30)
SWITCH STYLE

商品詳細を見る


当時彼らはニュースクール・ハードコアの先駆けのようにいわれていたらしいが、そんなこと全く知らずに見たライブイベントでの彼らのかっこよさに瞬殺されてしまった。
B,Voの絶叫シャウトが出す悲壮感、G,Voのダミ声シャウトの迫力、これは日本を代表するバンドになるぞ!と、期待していたらいつの間にやらG,Voが脱退。。。
その後は音楽性も大幅に変わったらしいと聞いて、新しい音源を聞くこともなく約10年。
G,Voはいつかはマックス・カヴァレラに匹敵する声になるとかなり期待していたんだが、いまは音楽活動をしていない模様。本当に残念でならない。

観客が一斉に飛び跳ねてライブハウスの底が抜けてしまうんじゃないかと思った彼らがメインアクトだったライブ。本当に最高でした。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/29 00:02 ] S | TB(0) | CM(0)

"DESTROY" GARGOYLE

既に結成20年のベテランバンド。一応ビジュアル系に分類されるらしい。
元アニメタルの屍忌蛇が在籍したバンドといったほうが分かりやすいかも。

そんなGARGOYLEの記念すべき1stの1曲目。
見た目は思いっきりビジュアル系だが、そんじょそこらのメタルバンドなんか相手にならないほどの攻撃力。
しょっぱなのリフからノックアウト確実。
そして何といってもギターソロの素晴らしさは文句のつけようがない。
全てのメタル好きに薦めたい名ソロ。



PVとしてのチープさはご愛嬌って事でw
そして、この曲の収録されているアルバムが再発されていた。

禊
(2001/10/03)
GARGOYLE

商品詳細を見る


このアルバムでは2曲目の"BALA 薔薇 VARA"も絶対に忘れてはいけない名曲。
そしてライブの動画があった!!んだが、屍忌蛇ちょっと若いかなw

"BALA 薔薇 VARA"


ギターソロのメロディの素晴らしさはまさに絶品なんだが、もうちょっとアルバムに近い形で再現してほしかった。

メタルとしても充分通用する曲を持ったバンドだが、メタル雑誌やメタルさん達からは全く認知されていなかった。
しかし、だからこそコアなファンに支えられて20年も継続したのかもしれないと思う今日この頃。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/27 18:30 ] G | TB(0) | CM(0)

"ジャン・ナイト・じゃん" 三波春夫

1992年に放送されたスーパーズガンのエンディング。
リアルタイムで見てたときも「この曲すっげえかっこいい」と思ってたが、改めて聞いても凄いわこれ。
この原作にたいしてこの曲調で、歌い手が三波春夫。
さらに出来上がったのがこれ。
プロデューサーは天才??




にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/15 23:28 ] M | TB(0) | CM(0)

"Can't Have Your Cake" Vince Neil

パッと見はモトリー・クルーにしか見えないヴィンス・ニールのソロPV
多分93年のPVだと思うが、この頃のヴィンスはロックスター然としてて最高!!スリムだしw



ギタリストの片割れはスティーブ・スティーブンス。
やっぱりカッコイイ!!それ以外のメンバーも"いかにもLA"なビジュアルw
ロックスターらしくて、思いっきりエンターテインメントしてて、ちょっとバカっぽい。
こんなPVが結構好きです。


ヴィンスのソロ1枚目。
ExposedExposed
(1993/04/27)
Vince Neil

商品詳細を見る

この渋いジャケットのヴィンスが、モトリーに復帰して来日した時にはあんな体型に(涙)
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/14 20:37 ] V | TB(0) | CM(2)

「Pleasures Pave Sewers」 LOCK UP

NAPALM DEATHのシェーン・エンバリー、ジェシー・ピンタード(R.I.P)、元DIMMU BORGIRのニコラス・バーカー、HYPOCRISYのピーター・テクレンのユニット。
さらに音楽性はオールドスクールなデス/グラインドコアなんて言われたらCD屋に走るしかないでしょうw

Pleasures Pave SewersPleasures Pave Sewers
(2000/02/29)
Lock Up

商品詳細を見る


で、感想はというと、曲はそれなりに良いんだが、想像していたほどピーターのVoに力強さを感じなかった。曲調を考えてああいいった歌い方になったのかとは思うが、HYPOCRISYの時のような"狂気"が感じられない。
買って損は無いと思うが、素直にNAPALM DEATH meets HYPOCRISYとは行かないのが要注意。

で、このユニットはこの1枚で終わったのかというとさにあらず。
ピーターはこのアルバムのみ参加となり、元AT THE GATESのトーマス・リンドバーグが参加してライブ及び2ndを発表しています。
そしてこの人選が大当たりw
とんでもなくかっこいいライブになってます。

After Life In Purgatory


Triple Six Suck Angels


トーマスだけでなく、音の破壊力、勢いは凄いが決して破綻しないリズム等、ベテランの凄さがビシビシと伝わってくる。
特筆したいのがニックのドラム。メタボ全開の体なのにこのドラミングw
Cradle of Filthが来日した時、この人だけやたら凄まじかった記憶があるのだが、やっぱ凄いはこの人。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/09 16:26 ] L | TB(0) | CM(0)

"Deathexplosion" THE CROWN

久しぶりにCDを買ったときに、THE CROWNのCDを買い忘れていた。。。
この曲がかなり気にいってるんだけど、近所では売ってないから某大型CD店に行ったときに買おうと思ってたのに。。。



Voが最高。
Baのアバウトな弾き方もナイスw

通販で買うおうかな。。。
Deathrace KingDeathrace King
(2000/05/23)
The Crown

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/09 16:18 ] C | TB(0) | CM(1)

"Play That Funky Music" Wild Cherry

おきらくなノリの中に気持ちいフレーズ山盛りの、不思議なぐらいに踊れてしまうこの曲。
怒りに満ちた曲(初期のKREATOR等々)の後に聞くとその落差がかなり快感w




この映画の主題歌?テーマソング?になってたが、妙に映画の雰囲気にあってた。
選曲した人のセンスに脱帽。

エボリューション ― コレクターズ・エディションエボリューション ― コレクターズ・エディション
(2002/05/24)
デビッド・ドゥカブニー、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る



「Wild Cherry」でググったら上から2番目がえらいことになってたw
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/08 23:03 ] W | TB(0) | CM(0)

"Wish" Nine Inch Nail

スラッシュやデス以外でストレス解消したいときにオススメ。
緊張感と開放感の差が最高にキモチイイ曲です。



この曲が収録されているのはこちら
BrokenBroken
(1992/09/22)
Nine Inch Nails

商品詳細を見る


俺の持っているのは紙ジャケなんだけど、これって希少価値ある??
それとも基本的に全部紙ジャケ???

こちらはLINKIN PARKのカバー

本家のような緊張感や危険さは皆無だがwLINKINらしい音に仕上がってて興味深い。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/07 23:52 ] N | TB(0) | CM(0)

「Darker Days Ahead」 TERRORIZER

先日、久しぶりに買った"うるさい系"のCDがこれ。
ギターの音質的にグラインドコア全開!とは行かないが、充分にアグレッシブ且つ聞きやすい。
1stが歴史的名作で、それからかなりのブランクがある2ndであるところがS.O.Dの2ndに通じるものを感じるが、作品の出来としてはこちらの方がかなり上かな。

Darker Days AheadDarker Days Ahead
(2006/08/28)
Terrorizer

商品詳細を見る


なかなかに楽しめる良作ではあるが、ギターの歪み具合に少々粘りが出たせいか、音質的にはグラインドコア感が薄れたようにも感じるのが少し残念なのと、デイヴィッド・ヴィンセントが不参加なのがかなり痛い。彼の唸りまくるベースがここに有れば更にアグレッシブな作品になったはず。。。

気になるのが、このアルバムではトニー・ノーマンもギターをプレイしているみたいだが、ジェシ・ピンタードがプレイしている割合はどのぐらいなんだろう?
音質が変わっているのもあるかもしれないが、正直、1stに比べてギターの切れ味が落ちているように思う。もしかしてこれって、ジェシの体調によるものなのかな?なんて思ったりもしているのだが。。。

ネガティブなことばかり書いてしまったが、アルバムとしては聞く価値充分のだし、TERRORIZERの2ndとしても申し分はない良作。
このアルバムがジェシの遺作になってしまったのは本当に悲しいことだが、彼が最後にTERRORIZERの2ndを作ってくれたことに心から感謝したい。



にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/04 14:43 ] T | TB(0) | CM(0)

"War Ensamble" SLAYER

2008年一発目はSLAYER!!
この名作PV、そしてケリーの針千本リストバンドで新年を祝いましょう!!



やっぱケリーはタトゥーよりこのリストバンドが似合うな。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2008/01/01 17:42 ] S | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。