スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TECK 21 SANS AMP BASS DRIVER DI

かれこれ12年使い続けてきた愛器。
05bass_driver_image.jpg

今さら説明不要なほど有名なのでコレで終わり。
ではつまんないから少しだけw

コレを購入したときのメインベースがB.C Richのワーロックなんだが、オールマホガニー+小型ボディ+細いネックのこのベース、ボディと同じぐらい音が軽い。さらに少しでも弦が死んでくると音が「ポコポコ」のかなり困った音になる。
しかも当時部活で使用していたベースアンプ(GUYAYONE)が「4弦モコモコ1弦キンキン」のかなりの曲者。

そんなときに俺を救ってくれたのがこの"SANS AMP BASS DRIVER DI"

とりあえずこいつを信じて音を作れば問題なし!!
弦の状態にあわせて"ブレンド"と"プレゼンス"を変えて、あとはその日のベースの調子に合わせて"ドライブ"と"ベース"と"トレブル"を少し抑える。この3つはブーストではなくて、どれだけ音を抑えるかに使ってたし、今も同じ。
全然たいした使い方はしてないけど、ベースや弦のコンディションの変化をこいつが抑えてくれるので、本当に助かった。
俺のWarlockはパッシブ(バルトリーニだからアクティブだろうと思って買ったのに。。。)なんだけど、このサンズアンプを使うと、音が元気になって若干アクティブ的になるような気がする。完全なアクティブの音じゃないけど、どこかアクティブのような、この微妙なところがまた良いw

10年以上たって、色々とセッティングも変え、メインベースも変わったし、色んなアンプを使ってきたけど、やっぱりコレが無いと落ち着かない。

とりあえずあと10年は使いたいんだけど、最近微妙に調子が悪いときがあるんで、予備を買っておくかな。
せっかく買うならコレが欲しいな。
sa2

確かこれは10万ぐらい。。。。
宝くじで1等当たったら買うかw
スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/31 20:20 ] INSTRUMENTS | TB(0) | CM(0)

「Prowler in the Yard」 PIG DESTROYER

休日に家族と近所のショッピングモール(外資系でそれなりの大きさ)に行ったとき、そこのCD売り場でこのジャケットを見かけたらどうしますか?

Prowler in the Yard Prowler in the Yard
Pig Destroyer (2001/07/24)
Relapse
この商品の詳細を見る


私は"ニヤリ"としてしまいましたw
だって、周りはごく一般的なミュージシャンのCDばかりなのに。だいたいこんなところのCD売り場にあること自体信じられないでしょ。すぐ隣は本の売り場で、児童書のコーナーだよ。子供に見せちゃいかんだろこれw


それはさておき、「究極に破壊的なグラインド・コアの創造」をスローガンにしているらしいが、そのわりには聞きやすい(?!)、ような気がする。
あくまでも、"元AxCxのギタリストが結成したバンドにしては"だがw

Cheerleader Corpses


Gravedancer


Piss Angel

アルバム(別アルバムだが)でのクリアなサウンドだとさらにまとも。リフもかなりメタル的だし。


この演奏には感動した。

プロフェッショナル、音楽への情熱、気合、全てを濃縮した"漢"を見た。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/29 20:20 ] P | TB(0) | CM(0)

"からまわり"  PINKCLOUD

ギター、ベース、ドラム、どれでコピーしてもかなり勉強になる曲。
俺はギターとベースでコピーしたけど、あっさり挫折しましたがw



ほんと、音符に表されるもの以外の重みを思い知った19歳の夏でした。
(もう10年以上前かよ。。。)

せっかくだからこの曲も。

"Smoky"


初めて聞いたとき、しょっぱなのフレーズは、

"ッタ、タ、タ"

と、裏で取ってると思ってたんだけど、部活の先輩が言うには

"Charは表で入ってるぞ"

実際にCharのインタビューでも

"裏のほうがいいんだろうけど、俺は表で取ってる"

と言ってた。
実際に映像を見ると表だし、これを見慣れるとこんどは裏で取るほうが気持ち悪くなってきて。。。
不思議なモンですな。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/27 20:20 ] C | TB(0) | CM(0)

「Jag Generation」 SCRATCH 4 JAGGER

はまった。徹底的にはまった。
パンクス、メロコア好き、ヘビメタさん全てにオススメ。
(そしてHR/HM好きなら"ニヤリ"としてしまうフレーズが随所に光る)

Jag Generation Jag Generation
Scratch 4 Jagger (2002/11/20)
ドリーミュージック
この商品の詳細を見る


まず第一に歌メロが良い!
そして「おぉ!そう来るか!!」と言いたくなるような演奏。
「インキュバスが好きな人にもオススメ」という意見があるのも納得な部分もあるし、個人的にはDREAM THEATERの影響も強く感じる。特にギターに関しては、「おぉ!あんたも好きだねぇ!」と言ってしまうようなフレーズがちらほら。。。
コレだけのフレーズを、自然に、曲を活かすために組み込めるのはかなりの技術とセンスが必要なはず。

俺が「IMAGES AND WORDS」の頃のDREAM THEATERに感じて望んでいたものを、最高の形で表現してくれたと言っても言い過ぎではない1枚。名作中の名作です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/26 15:10 ] S | TB(0) | CM(0)

"One by One" IMMORTAL

Youtubeで"BLACL","METAL"で検索すると、上から2番目がこれでした。(トップに出てきたのは全くブラック・メタルとは関係ないバンド)



なんだかんだいって演奏力は高いし曲もカッコイイ。
どんなジャンルでも、音楽的に進化すればカッコよくなっていくものだなと思った。


"Freezing Moon" MAYHEM

ブラック・メタル創成期のカリスマバンドも、既にVo以外はスッピンになってる。
なんとなくだけど、メンバーのコープス・ペイントだけは続けて欲しかった。
"おらぁ~!いけにえのブタだぁ~!貴様もこうしてやろうかぁ!!"
グサッ!
"ん?!ぬ、抜けない!!ど、どうしよう。。。"
スポッ
"おいおい、台から抜けちゃったよ~!!仕方がない。。。"
"おらおらぁ~~!!豚の頭だおらぁ~~!!"
"それにしてもなかなか元に戻せないぞこれ、まいったなぁ。。。"
こんなところかなw

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/24 20:20 ] I | TB(0) | CM(0)

BURZUM

「BLACK METALってなに?」と、会社で聞かれたのですが、回答に物凄く困った。
とりあえず「パンダのゾンビみたいな顔にして、教会に放火したり、たまには人を殺したり。。。」としか答えられなかった。

Lost Wisdom



実際、俺が始めて"BLACK METAL"を知ったときは"BLACK METAL=極悪集団(行動も音質も)"だったので、まさに上のBURZUMのイメージそのままっだた訳で、特に間違ってはいないと思うのだが。。。

最近はみなさん丸くなったのかと思ったけど、そうでもないみたい。

Mayhem Interview


ノーメイクでも"ネクロブッチャー"と自ら名乗ったり、もしかして知ってる英語は「F●ck!!」だけ?と言いたくなるぐらいの勢い。
やはり"BLACK METAL"根本は変わってないような気がする。。。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/23 20:20 ] B | TB(0) | CM(0)

"ダークサイド・オブ・ロック"

読んでて物凄く考えさせられたり、爆笑したり、驚いたり。
バイブルには間違ってもなり得ないw愛読書の一つです。

ダークサイド・オブ・ロック ダークサイド・オブ・ロック
山崎 智之、川嶋 未来 他 (2005/09)
洋泉社
この商品の詳細を見る

ダークサイド・オブ・ロック (2) (洋泉社MOOK―ムックy) ダークサイド・オブ・ロック (2) (洋泉社MOOK―ムックy)
(2006/07)
洋泉社
この商品の詳細を見る


内容に関しては賛否両論あると思うけど、深く考えずに読むには文句なしに楽しめると思われる。

キリスト教圏の国と、日本ではあまりにもロックに対する考え方が違いすぎる。
それを考慮すると、この本の楽しみ方も少し違ってくるように思う。


ゴア元副大統領が元デッドヘッドだったのをこの本で知ったのだが。。。
そんな奴の嫁がそくあんなこと出来たもんだ。
最初に自分の旦那を責めろって言ってやりたくなるぞ。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/21 20:20 ] BOOKS | TB(0) | CM(0)

「ATTACK OF THE KILLER B'S」

決して俺はANTHRAXが嫌いなわけじゃないんだ!ってことで、このアルバムを。
アタック・オブ・ザ・キラー・ビーズ! アタック・オブ・ザ・キラー・ビーズ!
アンスラックス (1997/12/10)
ユニバーサルインターナショナル
この商品の詳細を見る


いわゆる「企画物」で、ジョーイ・ベラドナ最後のアルバム(今のところ)。

このアルバムだとまずはこの曲ってことで、
"Bring The Noise"


ミクスチャーの原型といわれるのも納得。
彼らには"I am the man"もあるが、これをミクスチャーの原型とはちょっと言いにくい。

これ以外にもS.O.Dの"Milk"のカバー(セルフカバー?)や、"パイプライン"のカバーもオススメ。
個人的には両方ともオリジナルを超えていると思う。
そして"おふざけ"と言っていいのか悪いのか、面白いのが4曲目の"Startin' Up a Posse"
ジョーイ・ベラドナ曰く、「"Posse"って単語の意味しらないよw」だそうだが、当時のメタルを取り巻く環境を考えると、なかなかに面白い歌詞で、一聴の価値はあります。

これ以外にもライブ音源が"Keep It in the Family"と"Belly of the Beast"を選んでいるところが渋い。
とりあえず、企画物と侮るなかれ、ANTHRAXを知るには避けて通れない名盤といえる一枚です。


このアルバムを聞いた後に、PublicEnemyのCDを借りに行って、1曲聴いただけで返したのは内緒です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/20 17:09 ] A | TB(0) | CM(0)

"Caught In A Mosh" ANTHRAX

リユニオンしたANTHRAX(今はどうなってるかわからんw)についてちょこっと。

これは名曲中の超名曲"Caught In A Mosh"をリユニオンメンバーで


で、こちらはその直前の編成での演奏


俺はオリジナルのANTHRAXが好きで、ジョン・ブッシュの声も大好きだけど、「いつか絶対にオリジナル編成で」と思ってた。
が、実際にオリジナル編成に戻ってみたら、複雑と言うか、スッキリしないというか、当て外れだっと言うべきか。。。

フランク・ベロが抜けたときは、「ANTHRAXは終わった」とまで思ったけど、ジョーイ・ベラのプレイもステージングも申し分ないし、ロブ・カッジアーノのギターに関してはダン・スピッツよりも上手いし熱い。
そしてなんといってもジョン・ブッシュ。既にこの人の声がANTHRAXの声なんだな、と痛感。
考えてみれば10年以上ANTHRAXのフロントマンなんだから当然といえば当然なわけで、「SOUND OF WHITE NOISE」の時の違和感なんてとっくに無くなっていたことに、リユニオンメンバーの演奏を見て、やっと気が付いた次第。

それにしても不思議で仕方が無い。
あれほど見たかったオリジナルメンバーの演奏を見て、懐かしさと共に頭に浮かんだのが、各メンバーが抜けたときのインタビューw
「ダニーはライブでリズムを弾いてない」「ジョン・ブッシュは最高だ!」「バンドを楽しめないメンバーがいたらうまくいかない」「弁護士に相談して、バンドを抜ける方法を考えた」「彼は楽器や機材まで全て売り払ってしまったのさ」「彼の曲に対するインプットは無い」
それなりに相手を否定するようなことを言ってたのに(デイヴ・ムステインほどじゃないがw)、どんな気分で集まったの???
あれほどオリジナルメンバーにこだわってたのに頭の中は???だらけ。我ながらいい加減なもんだ。。。
オリジナルに対して過剰な期待を持ちすぎたのかな。。。
フランクのプレイは充分満足できたけど。。。

最近、SLIPKNOT/STONESOURのコリー・テイラーと一緒にアルバムを作り出したとかそうでないとか。
聞きたいけど、さらに複雑な気分。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/18 20:20 ] A | TB(0) | CM(0)

"リンダリンダ" 人間椅子

普段の彼らの雰囲気、重厚さが微塵も感じられないw
Bの鈴木研一のジャンプが学園祭バンドのようだw
彼らがこの曲を選んだことも驚き。
ま、名曲だしね。



最初の数秒は「声質」が似てるかもと思ったが。。。
音程外しているのもご愛嬌か。いや、人間椅子風アレンジかw
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/12 20:20 ] N | TB(0) | CM(0)

「人間失格」 人間椅子

"ネズミ男"、"イカ天"のイメージしかなく、怖いもの見たさで聞いたこのアルバム。同じような人も多かったのではなかろうか?

人間失格 人間失格
人間椅子 (1998/07/23)
トライエム
この商品の詳細を見る



針の山



カバーの仕方としては最高だと思う。
METALLICAや本家BUDGIEの"Breadfun"よりもいいと思う。
で、このドラムって、樋口宗孝??

このバンドならBLACK SABBATH人気が根強い海外で支持されるんじゃないかなあと思う今日この頃。
OZZFESTあたりに出たらかなりうけると思うんだが。
実際、ライブは凄いし、彼らのビジュアルも海外ではかなり強みになると思う。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/11 20:20 ] N | TB(0) | CM(0)

B.C Rich

HR/HMに目覚めたときから、ずっとB.C Richのギターやベースの大ファンです。
30過ぎて、渋めのベースがもう1本欲しいかな~なんて思ってる反面、「やっぱりB.C Richの変形ベースが欲しい!!」という気持も抑えられないw

b2

この"WIDOW BASS"ベース欲しいんだよなぁ~
OVERKILLのD・D・ヴァーニや、元MORBID ANGELのスティーブ・タッカーも使ってたし。。。

それに最近は変形でも5弦が増えてきて嬉しい限り。
五弦好きとしては、「俺のWARLOCKが5弦だったらなぁ、でもWARLOCKの5弦はないだろうなぁ」と昔は思ってたんだが、最近はこんなの出てるし。5弦だし、ヘッドの形も最高。文句なし。
b4

モッキンバードならこのタイプがいいなぁ~
b3


欲しい欲しくないは別として、B.C Richといえばコレは外せませんな。
bi

始めて見たときのインパクトはかなり大きかった。
何の意味があるのかわからない10弦に、やたらと多いコントロール。しかも名前が"Bitch"って。。。
「さすがにコレはいらねぇなぁ」なんて思ってたら、
mm

デイヴが使ってるの見て、このギターのファンになっちゃいましたとさw
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/08 20:59 ] B | TB(0) | CM(0)

「III Sides to Every Story」 EXTREME

初めて聞いたときは地味な印象だったけど、改めて聞いて見ると結構良いアルバムだった。

III Sides to Every Story III Sides to Every Story
Extreme (1992/09/22)
A&M
この商品の詳細を見る


前作が驚異的な作品だった分、周りの目が厳しかったように思う(パクリだ何だと罵声を浴びせた評論家もいたが。。。)。
でも、"EXTREME=FUNK METAL"として見なかった場合、かなり優れた作品に思えるのです。

"Warheads"


とりあえずこの曲は問答無用でしょう。
このギターソロの最初の部分は当時のギターキッズにとって格好の練習フレーズになったと思われるw

"Cupid's Dead"


これが私の一番好きな曲。
スラッシュ一辺倒だった僕が、この曲をコピーすることで"16のノリ"への扉が開かれた。
最初は全く弾けず、スコアを見てもどう弾いたらよいかさっぱりわからなかったけど、ゴーストノートや休符の重要さがわかってくると、この曲の素晴らしさも同時にわかってきて、10年以上経った今でもお気に入りなわけです。

ちなみに、私はこのバンドのベーシスト、パット・バジャーがお気に入りです。
硬いゴリゴリの音だけど、耳障りでなく、EXTREMEの土台を支える良いプレーヤーだと思う。
この人の使ってた"WASHBURN"のベースも使いやすくて良いモデルでした。
↓今は改良されてこうなったみたい。
bs


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/07 20:20 ] E | TB(0) | CM(0)

"Chalice of Blood" FORBIDDEN

ベイエリア最高。



このサウンド、やっぱりスラッシュは最高だなぁ。
妙に若さ溢れて、元気みなぎるステージも当時のバンドの特色かw


"Through Eyes Of Glass"



この曲のイントロはスラッシュ史に残る名リフであると勝手に思ってるが、さすがにこの頃には若さは半減といったところかなw
初めて聞いたとき、「やっぱスラッシュだからダウンでこのリフ弾いてんだろうなぁ、すっげえなぁ!!」と、思ってたのに、ダウンじゃなかったのかよw10年以上騙され続けてたぞww
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/06 20:20 ] F | TB(0) | CM(0)

「Rrroooaaarrr」 VOIVOD

Rrroooaaarrr Rrroooaaarrr
Voivod (2001/09/10)
Noise
この商品の詳細を見る


roar -- v. (猛獣が)ほえる, 咆哮(ほうこう)する, うなる; 大声を出す, どなる, どなって言う; 笑いどよめく; 〔話〕 泣き叫ぶ; 鳴響く, 反響する ((with)); (列車などが)轟(ごう)音を立てて通る ((along, past)).

このアルバムタイトルがどれに相当するのか未だに良くわからんが、わざわざ"4重"にしてるから、「お゛あ゛ぁぁぐあぁぁぁ~~~!!」見たいな意味なんだろうか。

スラッシュ初心者のウブな高校生にはこのアルバムは余りにも強烈過ぎた。
今でこそ、それなりに楽しんで聞けるけど、あの時は本当に強烈だった。MEDADETHやSLAYERが"善良な音楽"に思えたぐらいだからw

"Ripping Headaches"


"Build Your Weapons"



このバンドの音楽性が変化して、いつのまにやらMETALLICAのベーシストが加入するなんて、細○▲子でも予想できなかっただろうw
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/02 20:20 ] V | TB(0) | CM(0)

「Body Count」 BODY COUNT

Body Count Body Count
Body Count (1992/10/06)
Sire
この商品の詳細を見る


音は所謂ラップメタルとはちょっとノリが違う、"本職"のラップ屋さんが、ロックバンドで叫んでると言った風情か。。。
歌詞の詳細な内容は知らないけど、"ICE-Tのバンド"ってことで内容は推して知るべしかと。

全体的に"最高"って訳ではないんだけど、ピンポイントで"ICE-TとHRが融合"してくる瞬間がいいんですよ。で、その融合してるポイントを作ってるのはGのアーニー・Cなのではないかと。何気にこの人、凄いギタリスト&ミュージシャンじゃないかと思うわけです。

とりあえず、このバンドは"ヘビメタさん"なんか比べ物にならないほど、冗談抜きで"怖い人"、"危険"、"洒落になってない"人たちであることだけは確かw


"Body Count's in the House"




"There Goes the Neighborhood"


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2007/08/01 08:53 ] B | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。