スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"Tubthumping" CHUMBAWAMBA

CMで流れていたのを聞いて懐かしくなったので。





たしかアルバム持ってたはずなんだよなぁ。
どこいったんだろ???
スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2012/05/09 18:54 ] C | TB(1) | CM(4)

"Rockn' Roll Hard Worker" COME ON BABY

「COME ON BABY」というストレート過ぎるにも程があるバンドを覚えていますか?
ってか聞いたことある人います???
89年にデビューした、夜ヒットにも出演(1回だけ。これがTVデビュー)したことあるバンドです。
Voが高橋洋樹と聞けば「オォ!!」と思う方も多いかも。
そうです。DRAGON BALLの主題歌"摩訶不思議アドベンチャー!"を歌ってた人です。

摩訶不思議アドベンチャー!の人 → COME ON BABY

に行きつく人は多いかもしれませんが、

COME ON BABY → 摩訶不思議アドベンチャー!の人だったの?!

こんな私みたいな人は30代後半以降の可能性大ですな。



バンド名に匹敵するほどストレートすぎるロケンロールな歌詞とストレートなロケンロールサウンド!!
そして何故か高橋以外のメンバーが出てこない。
「12回払いで買ったソ○ーのウォークマン」の部分はさすがに当時でもそこまで高価なものではなかったと言いたくはなるが、最近は聞くことが出来ないようなほど熱々のロケンロール魂に押されて何故か納得してしまいそうになります。

高橋秀樹が摩訶不思議アドベンチャー!の中の人だったのは知らなかったのですが、この曲は大好きでした。
いや、今でも大好きです。



こんな音のベースも好き。特にイントロが気持ちいです。

やっぱドラゴンボールは悟空が小さい時までってゆうか、子供まで作っておいて筋斗雲に乗るのはありなのか?
筋斗雲の初期設定からすると乗れなくなってしかるべきなのでは?!
なんて言うとウザいオヤジあつかいされるのでこのへんにしておきます。
若い頃はよくカラオケで歌ったもんです。



何度聞いても良い曲は良い曲だね。特にアレンジが最高です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2011/03/22 23:24 ] C | TB(0) | CM(0)

「Heartwork」 CARCASS

1993年発表。
デス、メロデス、ブラック、全てに影響を与えたアルバム。
後のメタルに与えた影響では「Master of Puppets」級。

HeartworkHeartwork
(2004/09/07)
Carcass

商品詳細を見る


昨今の音楽に慣れた耳にはインパクトが弱いかもしれませんが、発売された93年に受けたインパクトの凄さときたらもう。。。
JUDAS PRIESTの「PAINKILLER」を聴いたときと同レベルのインパクトでしたね。

曲順は以下の通り。

1. Buried Dreams
2. Carnal Forge
3. No Love Lost
4. Heartwork
5. Embodiment
6. This Mortal Coil
7. Arbeit Macht Fleisch
8. Blind Bleeding the Blind
9. Doctrinal Expletives
10. Death Certificate

①の練りこまれたヘヴィリフ。そこに乗るジェフ・ウォーカーのデス声。
このバランスが絶妙。
そして続く②の突撃リフ。
デスメタルとしてだけではなく、ヘヴィメタルとしての魅力に満ちています。

マイケル・アモットの抒情性溢れるメロディが評価されていますが、凶暴性溢れるリフと全てを上手く統制しているアレンジ能力がこのアルバムの凄さではないかと思うわけです。
そしてそれはやはりビル・スティアーの力ではないかと。
決してバラエティに富んでいると言えないVo、正直言って○×なDrでありながらこれほど表現力豊かなアルバムになったのは、マイケルだけでなくビルの力が大きかったもの思われます。

前にも書きましたが、アーク・エネミーや最近のメロデスに慣れた耳には物足りない可能性はあります。
それでも一度は聴いてみる価値有り、否、絶対聴くべき名盤です。


そしてこの曲。
もう説明不要でしょう。



バンドでコピーしたことありますが、結構難しかったっす。


こちらは彼らの歴史の集大成的なDVD。
この映像を見る限り、とてもこのアルバムでの演奏ができる技術とは思えませんw
特にDr。はっきり言ってプロのデスメタル・ドラマーとは思えません。
"どかどかどか、ちきちきちき・・・・"微妙過ぎるブラストビートも個性と言えば個性ですねw

Wake Up & Smell the Carcass [DVD] [Import]Wake Up & Smell the Carcass [DVD] [Import]
(2001/06/26)
Carcass

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/03/23 21:14 ] C | TB(0) | CM(5)

「Oi Oi Oi」 COBRA

紆余曲折を経ながら今も活動するCOBRAが90年に発表したアルバム。
"Oi PUNK"ということになってて、歌詞でも"Oi!"を連呼してます。
が、歌詞もサウンドもあまりOiを感じさせるところはなく、ポップで暑苦しいパンクといったところでしょうか。
とはいっても元ラフィン・ノーズのメンバーもいるわけで、全体的にかなり気合の入ったサウンドです。

Oi Oi OiOi Oi Oi
(2003/05/21)
COBRA

商品詳細を見る


はっきりいって名作です
初期や、ラフィンのファンからするとポップ過ぎるかもしれませんが、間違いなく名作です。

COBRAの代名詞です。


この曲もマストです。


この時期のCOBRAはリズムが超強力です。
とにかくKI-YANのDrが最高。
ジャズ、フュージョンから来た人らしいんですが、とにかく最高。
彼のドラムなくしてこのアルバムはないでしょう。
そしてベースのPONも凄い。
NAOKIのGtもYOSU-KOのVoも最高だし、結局メンバー全員最高なんです。

とにかく聴いて損はなし。
名盤です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/02/04 19:21 ] C | TB(0) | CM(0)

"Loco" COAL CHAMBER

現DEVIL DRIVERのデズ・ファファーラが在籍していたCOAL CHAMBERの代表曲(と、俺は思っている)。



音楽性とビジュアルはいかにもOZZFESTでうけそうなタイプのバンドでしたが、ライブパフォーマンスがなかなかに良いバンドで、特にベースのライナ・フォスローズが良い味出してます。
ちょっとデズのVoが一本調子気味なところがありますが、全体的に良いバンドでした。
(DEVIL DRIVERの方がカッコイイですけどね)


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/02/02 20:18 ] C | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。