スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"Magic Blue Case"  LÄ-PPISCH

もう一丁LÄ-PPISCHいっときましょう。
こちらは少し攻撃性が高まってます。



LÄ-PPISCHやアンジー等、当時は"おバカ"ですまされがちだったバンドが再評価されることを期待する今日この頃です。
スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/04/04 18:00 ] L | TB(0) | CM(0)

"Control" LÄ-PPISCH

87年にデビューし、いまでも現役のLÄ-PPISCH。
夜ヒットのセットを壊してみたり等、元気はつらつおバカキャラが先行しがちな部分もあったが、実は知的で結構オシャレ。
時代よりも先を行っていた彼らのロック/スカサウンドは、スカパラ好き、スカコア好きの人は是非とも聴いていただきたい。




元気で明るくておバカな大騒ぎの核にあるのは曲の良さ。
今は亡き上田現の才能も大きかったけど、その他のメンバーも一筋縄ではいかない優れたミュージシャン揃いです。

MAGUMI (Vo,Tp)
狂市 (Gt)
TATSU (Ba)
雪好 (Dr 2001年脱退)
上田現 (Key,Sax 2002年脱退 R.I.P)

ベーシストの方は、現在GANGA ZUMBA等でプレイしていつTATSUのプレイは要チェックです。

この曲もかなりおススメ。
エロ&ナンセンスな歌詞に複雑ではないけど効果的で爽快な演奏。
そしてフロント3人が大暴れ。
一緒に飛び跳ねずにはいられない、まさにLÄ-PPISCHな曲です。



ギターの狂市が持っているテレキャスが懐かし過ぎます。
実家にあるフェルナンデスのカタログのアーティストモデルは、布袋、hide、BUCK-TICK、狂市、諸田コウ。。。
歳がばれますねw
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/03/28 16:32 ] L | TB(0) | CM(0)

"Snakes" LEGENDS

97年のモントルージャズフェスティバルでの演奏で、TVで放送されたのがこの曲です。

Gt:エリック・クラプトン
Ba:マーカス・ミラー
Dr:スティーブ・ガット
Pi:ジョー・サンプル
Sax:デヴィッド・サンボーン

当時はYOUTUBEどころかネット環境すらなかったので、
「有名なプレーヤーの音を聴く≒CDを買う」
だったわけで、マーカス・ミラーとデヴィッド・サンボーンの音を聞いたのはこれが初めてでした。





これだけのメンバーですから凄くない方がおかしいわけで、ひたすらに気持ち良く聞けます。
凄い人ってのは、誰とどんな所で演奏しても凄いんですね。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/03/27 17:57 ] L | TB(0) | CM(2)

"BASS SOLO / Mr. Pink" Level 42

"英国出身のフュージョン・ポップ・ファンクバンド。シャカタクと並んで、英国を代表するファンク・フュージョン・バンドである"らしい。
ぶっちゃけ良く知らないバンドです。スミマセン。
では何故エントリーしたかと言いますと、私の大好きなベースソロがあるから。
バンドは知らなくてもBa(&Vo)のマーク・キングをご存知の方はいるのでは?
スラップ好きには超お勧めです(スラップ好きなら既に知ってるか。。。)。



潔いほどの連打が爽快ですね。
ただ叩きまくっているのではなく、連打しまくるソロの中でメロディを作ってしまうのが更に爽快。
ファンキーなカッティングのような、ミュートとプルのコンビネーションが最高。
ちなみにこのスピードの秘訣は左手のアタックみたいですが、それを差し引いても速いし気持ち良いですね。
スラップだけでなくツーフィンガーのノリも良い感じ。ゴーストノートのタイミングが絶妙っす。

これだけ個性的なプレイとサウンドを持つ方なので、もう少し今以上に評価されて欲しかったりします。
それにしても、スラップとツーフィンガーの音に差があまりないような気が。。。

で、この「カッチカチやぞコラァ」と言わんばかりのサウンド。
これって、彼の愛用する「STATUS」の影響もあるのかなと思ったりします。

king.jpeg

STATUSと言えばグラファイト。グラファイトと言えばSTATUS。
と、勝手に思っております。
グラファイトの楽器を所持したことがあるわけではないのですが、なんか個性的な音が出そうな気が。。。
日本のベーシスト、うしろから前川氏は「高音の抜けが良い」と言っていましたが、なんか見た目にもそんな感じがしますw

忘れちゃいけないのがLEDで光り輝くポジションマーカー!!!
5.jpg

リンプ・ビズキットのベーシストなんかもつかってましたが、これってどうなんでしょ。
見やすいんですかねぇ。
あまりステージで証明が当たらないベーシストなので(涙)、手のポジションを確認しようとしたら「お?!暗くてよく見えんぞ!!こんなことなら眼鏡かけてきたらよかったぁぁぁ!!!でもそれじゃ首振ったとたんに眼鏡が飛んでいくしぃぃぃ!!!」なんてことがあったんですが、このLEDがあればそんなこともないんでしょうか???
でもこれって、ネックの中(指板との間??)に仕込むだろうから、音に影響は出ないの??なんかトラストロッド以外の異物には若干の抵抗が。。。
ま、高価なベースなんで買うわけじゃないんですけどね。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/20 18:00 ] L | TB(0) | CM(0)

Bass Solo by Les Claypool

人に歴史あり。
レス・クレイプールが若かりし頃のソロです。
今じゃあ絶対にしないようなプレイが満載。
「スゲー!!」とは思うけど、あまり長く聞いていたいソロではないかも。。。



このバンドで一緒になったラリー・ラロンデとPRIMUSを結成したんですが、ラリーって元POSSESSEDなんですよね。
なんかこちらも"人に歴史あり"って感じですね。

そしてこちらが円熟味を増してからのソロ。
手数は圧倒的に減ってるけど、音楽的でベースの魅力をたっぷり引き出してます。
早弾きも高速スラップもタッピング出来るけど、必要なテクニックを必要な時に、あくまでも魅力的なフレーズのために使う。
しっかりとした技術と知識があるからこそできる素晴らしいプレイ。憧れます。




にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/09 18:00 ] L | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。