スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"HONKY TONKY CRAZY" BOφWY

再結成するとかしないとか。
再結成しないバンドと言うより、しちゃいけないバンドのように思える今日この頃。



彼らを見て音楽の素晴らしさを知り、ギターを始め、今の自分があるわけで。
もし彼らがいなければどんな人生だったんだろう?
何もすることのない引きこもりだったんだろうか???
自分にとっては全ての始まりであり神にも等しい存在の彼ら。
そんな彼らの最近のコメントを見ると微妙に傷ついてしまったりなんかして。

現在のそれぞれの素晴らしさを楽しみつつ、過去は思い出の中にしまい続けたいと思う次第です。
スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2011/04/24 18:59 ] B | TB(0) | CM(2)

"Slaves to the Pyre" BRODEQUIN

アメリカはテネシー産のブルータルデスメタル(ブルデス)バンド、BRODEQUIN(ブロデクイン)です。
「わしはスローな曲を聞いてたら死ぬんじゃ」といった方にはたまんないでしょうね。



この曲がブルデス初体験でしたが、かなり気に入って聞きこんじゃいました。
これだけの演奏は並みの技術では出来ないと思うし、この曲を叩けるDr探すだけでも大変。
ってか見つかったらラッキーぐらいでしょう。
その技術を惜しげもなく詰め込んで濃縮させたら暴発したとでも言うべきか、とにかく早くて濃厚。

そしてやっぱりVoが強烈。ぎりぎり私の理解の範囲内ですw
"ガテラルボイス"というそうですが、噂には聞いていましたが濃いっす。濃すぎです。
「下水道ボイス」なんて評価を聞いたときは「酷いこというなあ」と思ったりもしましたが、
実際に聞いてみたら納得。良くも悪くも下水道という表現が良く似合う。
何回聞いても
「う゛い゛い゛ぃぃぃぃ~~~~う゛ぉぉぉい゛ぃぃい゛ぃぃぃ~~~~お゛お゛ぉぉぉあ゛ぁぁぁ~~~」
「どぅい゛どぅい゛どぅい゛ぃぃぃぃ~~う゛ぃう゛ぃう゛ぃあ゛ぃい゛ぃぃぃ~~~~お゛え゛お゛えあ゛ぁぁぁ~~~」
「う゛お゛い゛どぅい゛い゛ぃ~~どぅい゛お゛え゛う゛い゛う゛え゛あ゛ぃい゛ぃ~~い゛ぃぃい゛ぃぃぃ~~~~え゛あ゛ぁぁぁ~~~」
としか聞こえません。
たぶんアメリカ人でも聞き取れないでしょう。
聞き取れたとしてあまりうれしくないような内容の歌詞だとは思うけど。。。

とりあえず早い曲が聴きたいときにはもってこいですね。
ちなみにバンド名と曲名をエキサイトさんに翻訳をお願いしたところ
曲名は「火葬用の薪への奴隷」でしたが、バンド名は"翻訳不可能意味不明"でした。

この曲が収録されているのはこちら。
3rdアルバムだそうです。

Methods of ExecutionMethods of Execution
(2006/05/02)
Brodequin

商品詳細を見る



そしてこちらはなんとこの曲をチェロでコピーしてしまった方です。


感動した。


耳コピが苦手でいつも勘コピばかりの私としては、この曲の各音を聞き取れるだけで尊敬してしまいます。
そしてそれをチェロで演奏しようと思うその発想も凄過ぎる。
APOCALYPTICAが普通に感じてしまいそう。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2011/03/11 17:00 ] B | TB(0) | CM(0)

"DEMIGOD" BEHEMOTH

約一年ぶりの更新。
一応、予定通していたことではありますが、感慨深いものがあります。
これからはのんびりと地道に更新していこうかなと思っています。

そんなわけで、更新一発目はBEHEMOTHにブチかましてもらいましょう。
2004年に発表された7thフルレンスアルバムのタイトルトラックです。



一年近くの間かなり私の中のヘビーローテーションになっていた曲です。
素晴らしい曲、高い演奏技術、鬼気迫るステージング全てに対するこだわりとタカイクオリティ。
まさにプロフェッショナルな素晴らしいバンドです。こりゃあ人気でないわけないですね。
BIG4のオープニングアクトを任されるのも納得です。


それにしてもあれだけ気合の入った扇風機状態であの演奏。
素晴らしいにも程がある。


収録されているのはこちらのアルバム。

デミゴッドデミゴッド
(2008/11/19)
ベヒーモス

商品詳細を見る



こちらは"DISNEYバージョン"らしいのですが。。。
このシリーズの作者は良いセンスしてるんじゃないかと思います。
賛否両論あると思いますが、なかなか良く出来てるし、原曲の良さあってこそのパロディですからね。




現在、Voのネルガルが白血病と戦っているそうですが。。。心配です。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2011/03/08 08:37 ] B | TB(0) | CM(1)

"Neon Knights" BLACK SABBATH

ロニーの病状はどうなっているんでしょう?
早く回復してもう一度この曲を歌って欲しいです。



長年の疑問なんですが、ロニーがサバスに加入して「Heaven and Hell」が発表されたとき、サバスファンだった人的にはどうだったんでしょうか?
この時代を経験したメタルファンが身近にいないので聞いたことがなく、ずっと気になってたんですが、オジーの声とあまりにも世界観が違うロニーの声によるサバスを聞いてどう思ったんでしょう?
素直にカッコいいと受け入れたんでしょうか?
アルバム自体は素晴らしいアルバムだと思うのですが、オジーとロニーの違いをすんなり受け入れるのは難しいんじゃないかなと思ったりもします。
な、あれだけのアルバム出されたら受け入れるしかないかもしれませんけどね。


ちなみに私が一番好きな曲はこちらなんです。



ロニーの病気が病気だけに、エントリーのタイトルにするのはどうかと思って今回のタイトルは"Neon Knights"にしました。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/03/04 18:40 ] B | TB(0) | CM(0)

"Dreamin'" BOφWY

MEGADETH聞いてもSLAYER聞いてもANTHRAX聞いてもいまいち元気が出ない。
MORBID ANGEL聞いてもCANNIBAL CORPSE聞いてもなんだかスッキリしない。
GBH聞いてもGAUZE聞いてもテンション上がらないとき。
行きつくところはBOφWYなんです。
布袋のギターに酔いしれて氷室と一緒に歌う。。。至福のひと時です。



二十歳の頃、「もうBOφWYは卒業した」と言っていた奴がいました。
音楽聴くことに対して「卒業」なんてこと自体が全く意味不明だけど、
彼は今でも卒業したままなのかな。
この曲を聞いて幸せな気持ちになることはないのかな。

カラオケで歌詞を見る必要がない!
ギターソロの一音一音全て覚えてる!!
そんなおっさん共と大合唱。
幸せなことだと思います。


いつまでも氷室にこの曲を贈ってもらえるよう、

夢見るオヤジ → 夢見るジジイ → 夢見る屍

こうなるように頑張ります。






<私的主張>
MCで「愛してるぜ!!」って言って良いのは氷室だけ。


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/19 18:00 ] B | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。