スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

"タイミング"  奥田民生

この曲を選ぶセンスとここまで自分のものにしてしまう才能に脱帽。
やっぱり民生は凄い!!



それにしても原曲とえらい変わったもんだw

原曲はこちら。



正直に告白するとこの曲が発売された当時。。。

ビビアンを守るためにシングル買いました。

今思うと最近の某グループのCD販売方法に近いような気が。。。
ま、あれほどではないかもね。
番組全体として凄く盛り上げようとしてたし、曲も凄く良いし。
当時は冗談抜きでかなりヘビーローテーションでした。

デスメタルとハードコアの合間に聴くタイミング。
まさに一服の清涼剤でしたね。




スポンサーサイト

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2011/03/28 21:34 ] O | TB(0) | CM(0)

"I don't want to change the world" OZZY OSBOURNE

名作「No More Tears」の2曲目です。
この編成でのオジーは強烈。
これだけ強烈なメンバーの中でもやっぱりマッドマン・オジーは最強だね。
髪を振り乱しながら飛びまわるザックも最高。



2回目のAメロを16で刻むところが凄く気に入ってます。
ソロの後も含めてAメロに変化もたすことで物凄くエキサイティングなアレンジになってると思う。
ソロの中盤からバンド全体で盛り上げるところもたまりません。

そしてこの時代のオジーをみていつも思うのが、ランディ・カスティロのカッコ良さ。
本当に惜しい人を亡くしたと思います。

マイク・アイネズも良いですよね。ステージではロバと鶴次郎よりもアグレッシブで良いと思います。


以前にも書きましたが、最強のアルバムです。

ノー・モア・ティアーズノー・モア・ティアーズ
(2002/06/19)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/02/08 18:27 ] O | TB(0) | CM(0)

"MIRACLE MAN" Ozzy Osbourne

ザックのあいさつ代わりの一撃。
オジーの5thアルバム「No Rest for the Wicked」の1曲目で、ギターキッズに新たなヒーローが降臨した曲です。
メインリフとソロの最初の部分はギターキッズにとってアンセム中のアンセムでした。
私はこの曲を知る前から"ヤ●グギター"をみて練習しましたからw
(だって、「No More Tears」までオジー聴いてなかったんだもん。。。)



ランディ・カスティロ、やっぱ良いドラマーです。。。

ザックに関してですが、個人的には今のザックよりも良いです。
今の若い人のザック像は、「アル中、汚い、ムキムキ、超どヘヴィなリフ」といったところだと思いますが、15年ぐらい前までは全く違ったんですよ。。。
がに股でブロンドをなびかせながらステージを駆け抜ける。まさにギターヒーローでした。リフもヘヴィだけどキレが良くて。。。爽やかなイケメンギターヒーローだったんだよ~!今みたいな風呂に入ってなさそうなアル中親父じゃなかったんだよぉぉぉ~~~!!!



ね?かっこいいでしょ??
(BGMのミスター・ティンカートレインも名曲すぎてたまりません)

ザック~、髯剃ってくれぇ~~!!
風呂入って清潔にしてくれぇ~~!!


ザックについては色々と言いたいことはありますが今日はこの辺で。



で、今回の映像を見て一番感じたことは。。。


ギーザー若い!元気!!最高!!!
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/13 18:00 ] O | TB(0) | CM(2)

"No More Tears" Ozzy Osbourne

もう20年近く前になるんですね。
オジーもまだまだ元気です。
そして、幻のライブツアー引退宣言が脳裏を駆け巡る。。。



あまりオジーが好きでなかった僕が、このPVをみて完全にKOされました。
オジーの声にまったりと絡み付くザックのヘヴィリフがたまりません。
ズンズン響くリフとスライドのコントラストが素晴らしい。
そしてこの曲のMVPはマイク・アイネズでしょう。
あのベースラインがなかったらこの曲の魅力は40%減と思われます。

収録されているのは名盤であるこちら。

ノー・モア・ティアーズノー・モア・ティアーズ
(2002/06/19)
オジー・オズボーン

商品詳細を見る


引退宣言&このアルバムタイトル。

多くの人が
 「引退を撤回してくれ!!」
 「オジーのライブを見たいんだ!!」と祈り続けました。


そしたら撤回してくれました。

けっこうあっさりと。


再びオジーの雄姿を見れるのはうれしいが、微妙に複雑な気分でした。。。
"オジー命"の先輩の複雑な表情が忘れられませんw

それはさておき、名曲揃いの素晴らしいアルバムです。
オジーのソロキャリアで売上はトップなのもうなずけます。
他の曲についてもボチボチとエントリーしようかと思っている今日この頃です。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2010/01/08 06:29 ] O | TB(0) | CM(2)

”ロマンチスト” 大槻ケンヂ・神保彰・櫻井哲夫

せっかくなんで意外な面子での”ロマンチスト”を。
お遊びとしては面白い。あくまでも”スーパープレイヤーのお遊び”としてね。



おーけんがこの曲を選ぶのは理解できるけど、バックがこの人達か。。。
でも、これほどの人たちなのに、演奏としてはダメダメなんだよね。
まじめに演奏してるわけ無いから当然だろうけど、まじめに演奏してもダメなんだろうなぁ。
凄い人達だし神保彰のDrは大好きなんだけど、何かが違うんだよ。
これが音楽の奥深さってやつなんですかね。


やっぱりこっちのほうが良い!!


にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
[ 2009/09/20 14:05 ] O | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。